Web-Children > blog > 起業とホームページ > 起業のホームページはワードプレスで制作しよう!

起業のホームページはワードプレスで制作しよう!

起業にホームページは必須のツールと言えますが、できるだけビジネスに合ったツールを選びたいですよね。それにはワードプレスがお勧めです。

全世界のWebサイトの1/3を超えるにまでになったワードプレスですが、聞いたことのある方でも実際に使ったことがない場合、いろいろと疑問がありますよね。

そもそもワードプレスって何?元々ブログシステムのはずなのにビジネスサイトも制作できるの?どんなサイトが制作できるの?ワードプレスを使う場合のメリット・デメリットは?など、ホームページを自作する前に基本的なことを押さえておきましょう。

 

 

ワードプレスとは

ワードプレスとはCMS(Content Management Sysytem)の一種です。CMSというのは、WebサイトのコンテンツをHTMLやCSSなどの専門知識やFTPソフトなど更新専用ソフトなしに、ブラウザーの管理画面から更新・編集できるシステムです。

ワードプレスは、無料で誰でも使用できるCMSとして全世界のWebサイトで圧倒的なシェアを占めるに至っています。元々はブログシステムとして有名なのですが、単なるブログサイトだけでなく、個人や企業のビジネスサイトとしても広く利用することができます。

 

ブログシステムなのにビジネスサイトができるのはなぜ?

デフォルトは元々ブログシステム

確かに、ワードプレスはデフォルトではブログシステムとして設定されています。

サイトの構造を見るとデフォルトでは

ワードプレス デフォルトでのサイト構造

のように、トップページはブログの一覧(最新の記事一覧)となっており、そこから各記事へリンクされている構造となっています。

ブログサイトを作成するならば、このまま記事を更新していけば、目的を達成することができます(もちろんブログサイトの目的・コンセプトに応じてデザインを決めるテーマの選定、デザイン設定は必要とはなりますが。)

ちなみに、ブログの記事を作成していくのには、ワードプレスの『投稿』という機能を使います。

 

ワードプレスのコンテンツ作成には大きく2通りある

デフォルト状態のワードプレスではコンテンツを作成する方法として
・ブログ記事を作成する『投稿』という機能
・ブログ記事以外のページを作成する『固定ページ』という機能

の2つがあります。

 

『投稿』はブログ記事のように、更新頻度が高く、制作時系列やカテゴリー毎に分類したりできる機能を持っています。

それに対して、『固定ページ』は、更新頻度は高くないページの作成に使用します。例えば、ブログサイトでもお問い合わせページやキラー商品の紹介ページ(LP)を固定ページで作成すれば、以下のようなブログサイトができるわけです。これはよくあるブログサイトを単純化した構造となっていますね。

ワードプレス典型的なブログサイト

作成したページはお互いにリンクを貼ったり(あるいはメニューを設定してナビゲーションリンクが可能)、階層を指定することもワードプレスでは簡単にできます。

また、投稿、固定ページ以外にも、ユーザーが自分自身で設定する『カスタム投稿』というページ作成機能もあります。例えば、イベントを集客によく使うビジネスや、新商品のリリース頻度が高い企業の場合、ブログとは別にそれ専用の更新しやすいページが欲しいですよね。そういった場合に有効です。

 

固定ページをトップページに設定してビジネスサイトを制作する

デフォルトではトップページはブログの紹介ページですが、任意の固定ページをトップページにすることもできます。

例えば、TOPページという名前の固定ページを作成して、このページをサイト全体のトップページに指定すれば、以下のようになります。

ワードプレス 固定ページをトップページとしたサイト構造

 

 

ここでブログの一覧ページは、トップページとは別に引き続き存在しますので、『ブログTOPページ』という名前にして(任意に指定可能)、階層を指定してトップページの下に持ってきています。

 

さらに、企業などのビジネスサイトであれば、固定ページで、会社案内、事業内容説明、商品紹介ページを固定ページで追加すれば、以下のような構造が出来上がります。

ワードプレス ビジネスサイトの構造

商品紹介ページの下層に、商品毎のページを設置しました。これも固定ページで作成可能です。

 

どうでしょう。これで立派にビジネスサイトらしくなってきましたね。

ブログ一覧はブログTOPページにありますが、テーマによっては、サイトのトップページに指定した固定ページにブログの記事一覧を表示させたりすることも可能です(最新記事や特定のカテゴリーの記事一覧の表示が可能)。ブログでお知らせカテゴリーを作って、サイトのトップぺージにそのタイトルと記事リンクを表示させたりするのは、よく使われている手法です。

 

ワードプレスを使用するメリット

このように、ワードプレスではブログサイトだけでなく、ビジネスサイトも簡単に制作できることがわかりましたが、この他にワードプレスを使用するメリットは何でしょう?以下これまでの内容含めてメリットをまとめてみました。

 

サイトの目的に応じて選べるデザインテーマが豊富

テーマというのは、サイトのデザインや、レイアウト(主にウィジェットというレイアウト部品を使用して配置する)を決める着せ替えのようなものと考えてください。

ブログサイト・アフィリエイトサイト、企業ブランディング、商品販売、ギャラリーサイトなど、様々な用途に応じて、おしゃれでかっこいいテーマが豊富にありますので、選定に迷うほどです。

 

プラグインで欲しい機能を追加できる

欲しい機能をプラグインというもので追加できます。

例えばお問い合わせフォーム、ショッピングカート、会員専用ログイン機能など、のサイトの機能のほか、SEO設定、SNSとの連携、コンテンツ作成補助(ボタンやアコーディオンの設置、動画やGoogle Map、カレンダーの設置など)、バックアップ用、セキュリティ強化用など、様々な機能を追加することができます。

 

無料で利用できる

ワードプレスは無料で誰でも使用できます。テーマやプラグインは無料でも十分優れたものがありますが、より個性を追求したければ、有料のものを使用する場合もあるでしょう。

 

ブログ機能がデフォルトでついてくる

今や企業サイトでも、集客用や情報共有用にブログページは必須となってきています。

 

サイト構築や更新が容易にできる

Webブラウザー経由でFTP専用ソフトは必要ありません。また、記事更新も、HTMLなどの専用言語を知らなくてもできます。

 

内部SEO対策に向いているので集客が可能

最強のSEO対策は、優れたコンテンツを制作することですが、サイト自体の構造もSEOに適したものにする必要があります。これが内部SEO対策です。

すでに見てきたように、内部リンクが簡単に設置できる構造の階層化が簡単にできる、といったワードプレスの特徴を活用すれば、SEO上有効なサイト構造が出来上がります。また、SEO用プラグイン(All in One SEO Packなど)を使用すれば、ページ毎に細かいSEO設定が可能です。

ほかにも、SNSとの連携も簡単に設定できることも見逃せないでしょう。

 

ユーザーが多いため、困ったときの情報入手が容易

世界のWebサイトの1/3のシェアがあり、日本でも高シェアですから、情報はたくさんあります。困った場合でも検索で対策が見つかりやすいでしょう。

 

 

ワードプレスを使用するデメリット

ワードプレスを使用する場合のデメリットも把握しておきましょう。

 

多機能なので、それなりに学ぶ必要がある

これはメリットの裏返しですので、いざ仕方ないですよね。

ワードプレスの情報は世の中にたくさんありますので、それらを見ながら独学するという方法が一番コストがかかりませんが、なんせ時間がかかります。ある程度学習すれば、何が自分にとって必要なことか見えてきますが、その段階に行くまでが独学の場合は時間がかかるでしょう。私も独学でやってみたときは、ワードプレスの基本的な設定を終えるまでに何週間かかかったと思います。

 

シェアが高いので、セキュリティには注意が必要

シェアが高いサービスは狙われやすい、というデメリットです。

セキュリティ対策プラグインを設定するとともに、ワードプレス、テーマ、プラグインともに常に最新のものにアップデートすることもセキュリティ対策となります。

 

細かいデザインカスタムには、専用スキルが必要

専用スキルなしにデザインカスタマイズできる範囲は、選んだテーマに依存します。

例えば、特定のタイトルの文字だけ色を変えたい、とか、ブログページとその他のぺージとではガラッと雰囲気を変えたい、などテーマで対応していないことの多いカスタマイズは、HTML/CSSやjavascriptなどの専用言語やPHP(ワードプレスを作っているプログラミング言語)の知識が必要となります。

ですので、自分の目的に合ったテーマを選ぶことは、大切だということですね。

 

サーバーの準備やドメイン取得の必要がある

あくまでサイトを提供してくれる無料ブログサービスとの比較において、という意味です。ワードプレスでなくても、通常自分のホームページを持とうとするならば、必要なことですね。

 

起業とワードプレス

すでに記事『起業用ホームページは自作しよう! 安価なだけじゃないその理由』で書いたことですが、私は特に起業においてはホームページの自作を推奨しています。

ワードプレスは、特に起業用に自分のビジネスサイトを制作するのに最適なツールであると思います。起業時に発生する、ビジネスの方向性の修正・転換・拡張といった初期のフェーズにおいて、ワードプレスのフレキシブル性が大きく貢献してくれるからです。

ビジネスの方向転換をする必要がある場合、テーマを選定し直せば、コンテンツは一から作り直さず流用しながらもデザインそのものを大きく変更することが可能です。

また、プラグインによる機能の拡張性は、ビジネスの拡張性と相性がよいでしょう。ショッピングカートの設置や会員サイト化してログインした会員のみに閲覧できるページを設置するなど、といった機能の追加は、外注においては最もお金のかかる機能です(安くて50万円程度、内容によって100万円を超える場合もあるでしょう)。それがプラグインによって無料または有料でも数千円~1万円程度で設置が可能なのです。

 

あとはデメリットである学び、の部分を独学で時間をかけるか、ということですが、スピードの優先される起業においては、やはりセミナーを一度受講して離陸時間を短縮するのが望ましいのではないでしょうか。

 

そして、ビジネスの方向が定まり、ビジネスの拡大をしていきたいときに、お金をかけて制作会社にサイトの大規模化リニューアルを依頼する、というのが最もリスクが少なく堅実な方法だと思います。

 

まとめ

もともとブログシステムであるワードプレスは、ブログ用記事を制作する投稿機能と、ブログ以外のページを制作する固定ページ機能を使うことでビジネスサイトを構築することができます。

また、ワードプレスには様々なメリットがありますが、起業時のビジネスモデルの構築フェーズにおいては特に、ワードプレスのデザインのフレキシブル性や機能の拡張性が貢献してくれるでしょう。

 

ぜひ、起業時に、ワードプレスを利用していきましょう。

 

↓ワードプレスの1日セミナーにご興味のある方はこちらをご覧ください

ワードプレスを1日で学ぼう!

関連記事