ワードプレスを完全無料で始める方法(無料サーバーXFREEの使用)

ワードプレスを始めるには、まずレンタルサーバーが必要ですね。でも通常は有料です。ワードプレスってどんなもの?自分に本当にできるの?と初心者のあなたが不安を抱くのも当然ですよね。

でも大丈夫。そんなときは、まず無料のレンタルサーバーを使ってみましょう

無料でも、ワードプレスの簡単インストールする機能も準備されているXFREEならば、ワードプレスを始めてみるのに最適です。本記事では、そのXFREEでのワードプレスの準備方法を解説します。

XFREEは、Xserverと同じ運営会社ですので、無料でも安心して使用できます。

もちろん無料なので、使用できる容量(ホームページを保存できるデータの量)が小さいとか、スマートフォンでは広告が表示される、プラグインの一部に使用できないものがある、など、若干制限はあります

しかし、ワードプレスに触れてみて、あ、これなら自分にもできるな、と思えたら、あらためて有料サーバーを使うことを検討すればよいでしょう。

XFREEのサイトにアクセスしてみよう

XFREEのサイトURLは以下の通りです。

https://www.xfree.ne.jp/

ここにアクセスすると下記画像のようなトップページが表示されます。参考までにXserverとの比較もわかるようになっています。

XFREEのホームページ

それでは早速、上の赤枠の“お申込み”タブをクリックして、契約へ進めましょう。

まずXFREEと契約(登録)する

メールアドレスの登録

メールアドレスの登録画面が表示されるので、登録します。

XFREEメールアドレス入力

メールアドレスを入力して”確認メールを送信”しましょう。すると、登録したメールアドレスあてに、次にようなメールが送られてきます。

XFREE申し込み確認メール

【お申し込みURL】をクリックすると、登録フォーム画面が表示されます。

登録フォームに必要事項を入力する

開いた登録フォームに、必須項目(赤の*マーク)だけでよいので入力します。

XFREE登録フォーム1
XFREE登録フォーム2

入力できたら、”利用規約に同意する”にチェックを入れて、”確認画面へ進む”をクリックしましょう。

すると、次のように確認画面が表示されます。修正がなければ、”会員登録を確定する”をクリックしましょう。

XFREE会員登録の確定

登録完了メールが送られてきますので、大切に保管しておきましょう。会員ID、登録メールアドレスおよびパスワードが記載されています。

XFREE登録完了メール

管理パネルのURLは、

https://www.xfree.ne.jp/login/member.php

となります。

XFREEの管理パネルにログインする

では管理パネルにログインしましょう。サーバーの会員登録が完了すれば自動的に次の画面が表示されていますので”ログイン”をクリックします。(または先ほどのhttps://www.xfree.ne.jp/login/member.phpにアクセスして、登録したメールアドレスおよびパスワードを入力しても構いません。)

XFREEサーバー管理画面ログイン

サーバーIDの登録

サーバーIDは、会員IDとは違って、今後、あなたのドメイン(URLのhttp://のあとの最初の部分)に使用されるものです。したがって、個人名や個人情報の特定されるものは使用しないでください。

XFREEサーバーIDの登録

半角で3文字以上12文字以下のアルファベットで始まるものであれば、任意のサーバーIDを入力することができます。入力後”サーバーIDの登録(確認)”をクリックしましょう。

しかし、誰かがすでに使用しているものであれば登録できませんので、再度この入力画面に戻ります。その場合は別のIDにするか、後ろに数字を適度に追加すると登録可能となるでしょう。

サーバーIDの登録が完了すれば、次のように、小さく”登録を完了しました”とある画面が表示されます。

サーバーID登録完了画面

次に、左上の赤枠部”無料レンタルサーバー”をクリックしてワードプレスの利用開始手続きを進めていきましょう。

ワードプレスの利用開始手続きをする

ご利用状況一覧の中の、WordPress欄で、“利用を開始する” をクリックします。

XFREEでWordPress欄利用を開始する

すると、下記のように”初期設定の完了”が表示されます。

XFREEで初期設定完了画面

再度、左上の”無料レンタルサーバー”をクリックしましょう。

ワードプレスを新規インストールする

いよいよワードプレスのインストールの作業に入ります。

先ほどと違って、WordPress欄に”管理パネルログイン”と出ています。これをクリックしましょう。

XFREEでWordPress管理パネルへログイン

新規インストール”をクリックします。

XFREEでWordPress新規インストール

ワードプレス インストール情報の入力

WordPress ID、ブログタイトル、メールアドレスの3つの情報を入力します。

XFREEでワードプレスのインストール情報を入力

WordPress IDは、今後ワードプレスの管理画面にログインするときに使うIDです。ここで入力したIDは今後変更できませんので 注意しましょう。

ブログタイトルは仮のもので構いせん。ワードプレスの練習用ならば、”ワードプレス練習サイト”でもよいでしょう。あとで変更が可能です。

メールアドレスも後で変更は可能です。XFREEに登録したものと同じでも問題はありません。

以上が入力できたら、一番下の”次へ進む”をクリックすると、確認画面が出ますので”確定(WordPressをインストール)”をクリックしましょう。

XFREEでワードプレスインストール情報の確定

※注意! この確定をクリック後、次の表示が出るまで時間がかかる場合がありますが、待ちきれずに2度押しすることのないようにしてください。ここで”確定”を2度押しすると、次の画面がが正確に表示されないことがあります。

ワードプレス インストールの確認

次の画面が表示されます。”インストールが完了しました。”と表示されています。

ワードプレスインストール完了画面

ブログURLというのは、あなたがインストールしたワードプレスサイトのURLのことです。

また、管理ユーザーは先ほど入力した”WordPress ID”が表示されています。

パスワードは、あなたのワードプレスの管理画面へのログインに必要なものです。

これらの情報は大切ですので、メモしておきましょう。

インストールが完了しました”とありますが、実際にワードプレスサイトがインターネット上に反映されるのに時間が少しかかります。下記のように、”最大15分程度かかります”とありますが、実際は、5~10分程度で反映されるでしょう。

XFREE15分待機メッセージ

インターネット上に反映されたかどうかは、このブログURLをクリックしてみればわかります。

まだ反映されていなれば、

サイト表示反映まだの場合

と表示されますが、反映がされていれば、次のように、”Hello world!”とデフォルトのブログ記事が表示されます(サイトの見映えは、インストールする時期によって若干変わることがあります)。

サイト表示反映後

ワードプレスの管理画面へアクセスしよう

サイトが無事インターネット上に反映されていれば、次の手順で、ワードプレスのダッシュボード(管理画面)でアクセスしてみましょう。

左上の”WordPress一覧・設定”をクリック

XFREEでワードプレスインストール完了画面

下記のように、”ダッシュボードへ”をクリック

WordPress一覧表よりダッシュボードへ

以下のようにワードプレスの管理画面へのログインが表示されます。

Wordpressログイン画面

このログイン画面もブックマークして、いつでもアクセスできるようにしておきましょう。

ここで、先ほど取得した管理ユーザー(WordPress ID)またはメールアドレスおよびパスワードを入力すればワードプレスのダッシュボードへログインすることができます。いよいよワードプレスを操作していくわけですね。

ワードプレスの操作方法は、下記に初心者の方向けに解説記事がありますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

以上、無料サーバーXFREEでワードプレスを準備する方法を解説してきました。

慣れてしまえば、15分程度の作業でワードプレスのインストール作業まで進めることができるのではないでしょうか。

ワードプレスを無料で始めてみたいあなたにとっては、最適なソリューションだと思いますよ。

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!

amazonキンドルで出版中の本書籍が、2つのカテゴリーで新着第2位を獲得しました!!

amazonページはこちら