ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる

ワードプレスの始め方
~稼げるしくみづくりまで
書籍で徹底解説!

詳細はこちら

amazonでたった1コインで手に入れる

ブログ型サイトでも
本格的ホームページ型でも
起業に副業に・・・

あなたに専門知識がなくても
目的のWebサイトを制作できるよう
ウェブチルがお手伝いします

ドコモ機種変【iphone14】はやっぱりアップルストアがお得

2022年9月16日からいよいよiphone14シリーズのデリバリーが始まりました(iphone14 Plusのみ10月7日発売)。

私は現在ドコモオンラインショップで購入したiphone XSを使っていますが、iphone14シリーズに機種変するならばアップルストアですることになるでしょう。

ドコモオンラインショップで購入するよりアップルストアの方が明らかにお得だからです。この記事でどれくらいお得なのか、および、機種変する場合の注意点について紹介していきます。

この記事でわかること
  • iphone14シリーズへのドコモ機種変はドコモオンラインショップよりもアップルストアがお得
    ・そもそも販売価格(定価)がアップルストアの方が安い
    ・機種変だとさらに8,800円の機種変割引が適用される
  • アップルストアでもデータの移植作業(LINE含む)ができる
  • その他アップルストアで機種するときに必要な注意点(事前準備やアップルケアなど)

本記事では支払い一括購入の場合で比較をしています。分割購入でアップルストアかドコモのどちらがお得か気になる方は、こちらの記事を参照ください。

ドコモの販売価格はアップルストアよりも高い

2022年9月15日現在、ドコモオンラインショップとアップルストアが発表しているiphone14シリーズの販売価格比較です。一番低価格なメモリー容量128GB での比較になっています。

iphone機種ドコモ
オンラインショップ
アップルストア
iphone14138,930円119,800円
iphone14 Plus158,180円134,800円
iphone14 Pro174,130円149,800円
iphone14 Pro Max201,850円164,800円
メモリー容量128GBでの比較
(2022年9月16日現在の税込み価格)

もはや比較するまでもないのですが、明らかにアップルストアの方が安いですね。iphone14 Proならば24,330円もの差です。

ドコモの場合、新規契約の場合はキャンペーン価格で購入できることもありますが、低年齢層がターゲットなので私のようにover50での機種変する者には関係のない話です。

機種変の場合はさらにアップルストアがお得になる

記事:ドコモ機種変は想像以上にアップルストアがお得だった話でも書いたように、アップルストアで機種変すると、先ほどの比較表以上にアップルストアがお得になります。なんと8,800円の機種変割引が適用されるからです。

今回のiphone14シリーズにも8,800円の機種変割引が適用されることを、例によってアップルストア京都店で確認しました(2022年9月14日確認。ちなみにiPad mini6を機種変購入のため訪問しました)。

私:ドコモ機種変版に適用の8,800円割引は、9月16日発売のiphone14シリーズにも適用されますか?

店:はい。アップルストアはドコモさんの機種変手続き代理店でもあるので、8,800円の割引は現在も適用しています。

機種変手続きを当店でして頂くことを前提に8,800円の割引をさせていただいております。ドコモユーザーさんが当店でiphoneを購入いただいた時に、機種変手続きのために別途ドコモショップに行く手間を省くためのサービスです。

以前iphone13シリーズが値上げ(2022年7月)になったときのヒアリング結果とほぼ同じ回答でした。

すなわち8,800円割引の前提条件は以下の通りです。

  • アップルストアで機種変手続きをすること

その結果、ドコモ公式価格との価格差はさらに広がります。

iphone機種ドコモ
オンラインショップ
アップルストア
(機種変割引適用後)
iphone14138,930円111,000円
iphone14 Plus158,180円126,000円
iphone14 Pro174,130円141,000円
iphone14 Pro Max201,850円156,000円
メモリー容量128GBでの比較
(2022年9月16日現在の税込み価格)

iiphone14 Pro(128GB)での価格差は33,130円となりました。

注意点としては、機種変手続きを店頭ですると3,300円の機種変手数料が翌月の携帯料金と合わせて引き落としされることです。

しかしドコモショップで機種変手続きをした場合でも、同様に3,300円の手数料を取られるので同じです。ドコモショップで手続きをせずに、自分でドコモオンラインショップで機種変手続きをすれば手数料はかかりませんが、慣れない人にとっては面倒ですよね。

ちなみにアップルストアでiphoneを購入だけして自分で機種変手続きをすると8,800円の割引は適用されません。あまり安くすることにこだわるとかえって高くつくので注意しましょう。

※翌月の通信料と合算でドコモ機種変手数料3300円が引き落される。ドコモショップで機種変しても同様(ドコモオンラインショップで自分で手続きすれば手数料なし)

アップルストアで機種変するときの注意点

私もそうでしたが、ドコモユーザーの方はアップルストアで機種変をしたことがない方が多いと思うので、アップルストアでの機種変時の注意点をあげておきます。

アップルストア訪問前の準備

アップルストアへの訪問予約を取っておく

念のため最寄りのアップルストアへ訪問時間の予約を取っておくことをおすすめします。私の場合(2022年3月妻のiphone13 Pro購入時)、予約を取らずに飛び込み訪問して問題はなかったのですが、予約をしておいた方が無難です。

全国のアップルストア一覧

予約の際に、ドコモの機種変であることを説明して、不安や疑問に思っていることがあれば相談するとよいでしょう。

また、お目当てのiphoneの容量や色の在庫があるかどうかも確認して、当日なかったということのないようにしたいですね。

現行機種のSIMロックは解除しておく

もし今お使いのiphoneがあれば、念のためSIMロックは解除しておきましょう。ドコモのWEBサイトで無料で実施可能です。下取りに出すならば、ロック解除しておく必要があるからです。

ドコモSIMロック解除

LINEなどのデータ移植準備をしておく

LINEのデータ移植のためには、

  • 最新のLINEバージョンに更新しておく
  • パスワード、電話番号、メールアドレスをメモしておく。未登録の場合、登録しておく
  • トーク履歴をバックアップ

とここまでは最低限しておき、あとはアップルストアで機種変手続き時にデータの引き継ぎを実施します。

LINE安全引き継ぎガイド

バックアップは取っておく

今使っているiphoneのバックアップを念のために取っておきましょう。アップルストアでデータ移植も可能なので本来は不要なのですが、保険としてバックアップと考えてください。

よもや当日店が込み合っていてデータ移植ができない、とか、なんらかのトラブルがあるかもしれません。

バックアップはiCloudにする方法とパソコンにする方法の大きく2通りあります。

私はiCoudの容量が不足気味なので、普段は画像以外をiCloudに毎日自動バックアップし、機種変直前にパソコンへ全データバックアップするようにしています。

iPhoneのバックアップを作成する

アップルストアで購入の当日

アップルストアでの機種変購入時には、『ドコモの機種変手続き』を店員さんがしてくれますが、それ以外に注意しておくべきポイントを紹介します。

アップルidはメモして持っていく

ご自分のアップルidとパスワードはメモして持っていきましょう。もちろん覚えていればその必要はありません。

自分のアップルidに登録している端末は一通り持っていく

それまで使っていた旧機種iphoneはもちろん、それ以外にもiPadなど自分のアップルidに登録している端末があれば念のため持っていくことをおすすめします(パソコンなど持ち運びできないものは不要です)。

旧機種iphoneの下取り手続きをするときに、非常にマレではありますが、システム上のバグで手続きが進まないトラブルが発生するからです。

システムトラブルから復旧するのに、自分のアップルidに登録されている情報を全て確認しなければならないのですが、その際、iphone以外に登録されている端末も持っていくと手続きがスムーズに進むのです。

実際私は最近、iPad miniを機種変するときに上記のトラブルに巻き込まれました。しかし下取りに出すiPad mini以外に登録してあるiphoneも持っていたのでスムーズに復旧できました。店員さんも ”助かりました” とのことでした。

旧機種の下取り

旧機種の下取りをする場合は、店員さんの査定を受けましょう。ほんの数分で査定額が提示されますので、OKならば下取りしてもらいましょう。

データ移植について

旧機種からのデータ移植もアップルストアで可能です。旧iphoneと購入するiphoneを並べて、データをその場で移していきます。なので本来は事前に準備したバックアップは不要なのです。(あくまで保険です)

データの移植は作業は名目上は自分ですることになっていますが、そばに店員さんがついてくれて、『次は・・・』てな感じで教えてくれるので、実質的には作業してもらっているのと同じです。
(このあたりはひょっとすると店や店員さんによって対応にばらつきがあるかもしれません。お店の混雑し具合にもよるかも)

ただしドコモメールや電話帳以外のLINEなどサードパーティのデータ移植は保証外です。(作業の指示は出してもらえます。)

旧iphoneのLINEのバージョンと新iphoneにインストールしたLINEのバージョンが異なる場合にトラブルが発生するなど、アップルさん側には意図しないトラブルが発生することがあるからです。

なので、事前の準備をきちんとしておきましょう。

アップルストアでのデータ移植の方法は、概ねこちらのYouTubeの通りです。作業時間は1時間弱くらいですかね。ドコモの機種変手続きと合わせて2時間見ておくとよいでしょう。

アップルケアは不要?

アップルケアに入るかどうかは悩ましいところです。iphone14シリーズのアップルケア価格は以下の通りです。

機種月払い2年間一括
iphone14 Pro,
iphone14 Pro Max
1,600円31,800円
iphone14 Plus1,450円28,800円
iphone141,280円25,400円
アップルケア税込み価格

ドコモユーザーでドコモカードGOLDに入っている場合、最大10万円の携帯補償を受けることができます。

したがって、これまで私はアップルケアへの加入はしない派だったのですが、円安の影響もあってiphoneの価格が15万円程度ともなると10万円の補償額では物足りないんですよね。補償額もう少しあがらないかなあ。

ちなみにアップルケアは購入後2年間ですが、ドコモカードGOLDの補償期間は3年ということを考えれば、10万円は妥当なところかもしれません。画面を割らないよう大事に使いましょう。

dカードケータイ補償

dカードGOLDケータイ補償 注意事項

iphoneを新しく購入したとき、ドコモ機種変手続きが正しく行われれば、ケータイ補償の対象端末は自動的に機種変後の新しいiphoneに移ります。

それでも一応、間違いなくケータイ補償の対象端末が正しく登録されたことを、機種変後翌日にでも電話で確認することをおすすめします。

dカード電話でのお問合せ

まとめ(分割払いでも機種変割引は適用される)

以上アップルストアでのドコモ機種変が、いかにお得かと、機種変するにあたっての注意点を紹介してきました。

本記事では一括払いの価格比較でしたが、ドコモでもアップルストアでも分割払いサービスも存在します。

36カ月払いで途中(例えば24カ月後)に対象iphone(そのときの新機種iphoneが対象)に変更すれば未払い残金分で下取りしてもらえる、というプログラムです。

ペイディを使用した場合でも、アップルストアでドコモ機種変手続きをすれば割引8,800円は適用されるのでやはりアップルストアの方が金額的にかなりお得になるはず・・・でしたが、比較すると意外な結果となりました。こちらの記事をぜひご確認ください。

iphoneは近年確かに高くなりましたが、端末としての完成度と信頼性、機種変時のデータ移植の簡便さ、iOSのサポート期間の長さを考慮すると、アンドロイド端末よりもお得だと思います。なので私は当面iphoneを使い続けていくでしょう。

この記事が、あなたのiphoneライフに少しでも役に立てば幸いです。

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる