ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる

ワードプレスの始め方
~稼げるしくみづくりまで
書籍で徹底解説!

詳細はこちら

amazonでたった1コインで手に入れる

ブログ型サイトでも
本格的ホームページ型でも
起業に副業に・・・

あなたに専門知識がなくても
目的のWebサイトを制作できるよう
ウェブチルがお手伝いします

GTMを使ったGoogleアナリティクスGA4の新規導入方法

GoogleアナリティクスGA4(以降GA4)の新規導入するにあたって、Googleタグマネージャー(以降GTM)を使う方法を紹介します。

GTMを使えば、特定のボタンのクリック数や50%以上スクロールされたページ数などのユーザーの行動データを計測してGoogleアナリティクスで集計が簡単にできるようになるのでおすすめです。

GTMを使ったGA4の導入手順概要

手順概要は以下の通りです。

  1. GTMをWebサイトに導入
  2. GA4を新規登録して測定IDを取得
  3. GTMでGA4を設定する

GTMを使ったGA4の導入手順詳細

GTMをWebサイトに導入

GTMをワードプレスに導入する手順の詳細は以下の記事で解説しています。

概要と要点だけ紹介すると以下の通りです。

  1. Googleタグマネージャーのアカウントを作成する
  2. GTMタグ(またはコンテナID)を取得する
  3. ワードプレスにGTMタグ(またはコンテナID)を設定する

ここの①の手順で、アカウントを作成するときに同時にコンテナを設定しますが、このコンテナに入力するURLがGA4を導入したいサイトのURLとなります。

アカウント名など必要事項を入力後作成をクリック

あとは、②で取得したコンテナIDを、③で目的のワードプレスサイトにペーストすればOKです。

GA4を新規登録して測定IDを取得

いったんGTMから離れて、GA4のアカウントを新規登録していきます。Googleアナリティクスのアカウントにはそのままログインした状態で進めてください。

  1. Googleアナリティクスのサイトにアクセス
    (”測定を開始”をクリックして登録をスタートします)
  2. アカウントの登録作業
    (アカウントの設定~プロパティの設定~ビジネスの概要入力~利用規約に同意)
  3. ウェブストリームの設定をして測定IDを取得

①Googleアナリティクスのサイトにアクセス

1.Googleアナリティクスで検索してアクセス

Googleアナリティクスを検索

2.”測定を開始”をクリック

計測をスタートをクリック

②GA4アカウントの登録作業

1.アカウントの設定

①任意のアカウント名を入力(Webサイトを特定できる名前にしておきます)
②データ共有設定にチェックを入れる
③”次へ”をクリック

GA4アカウントの設定

②のチェックは問題なければ4カ所ともチェックを入れます。

2.プロパティの設定

①任意のプロパティ名を入力(GA4用であることがわかる名前〇〇-GA4などがよいでしょう)
②タイムゾーンを設定
(日本国内なら日本を選択)
③通貨を設定
(特に理由なければ円を選択)
④”次へ”をクリック

GA4プロパティの設定

このプロパティ設定ページの”詳細オプションを表示”を開けると、ユニバーサルアナリティクス(従来のGoogleアナリティクス。以降UA)のプロパティを設定画面となります。

1つのアカウントにGA4とUAの両方を設定したい方はUAも設定してもよいかと思いますが、UAは2023年7月1日から使用不可となるので、個人的にはもはや不要かと思います。

3.ビジネスの概要の入力

①業種を選択
②ビジネスの規模を選択
③利用目的を選択
④”作成”をクリック

ビジネスの概要の入力

4.規約に同意する

規約画面が開くので、2カ所にチェックを入れて”同意する”をクリックします。

規約の同意画面

③ウェブストリームの設定をして測定IDを取得

1.プラットフォームにウェブを選択

プラットフォームにウェブを選択

2.ストリームを作成

①webサイトのURLを入力
②ストリーム名を入力
(サイト名や”ウェブサイト”など)
③”ストリームを作成”をクリック

ストリームを作成

GA4はウェブサイトだけでなくアプリなど他のプラットフォームからもデータを収集することができます。このデータ収集元をストリームと呼んでいます。今回はWebサイトがストリームです。

3.測定IDを取得

G-xxxxxxxxxx と、Gで始まるコードが測定IDです。これを次のGTM設定で使用します。測定ID右横のコピーボタンクリックしてコピーしておきましょう。

GA4測定IDのコピー

後から測定IDをコピーするには

開いているストリーム詳細画面を閉じると、GA4の管理画面になっているかと思います。

もし管理画面でなければ画面左下の歯車マークから管理画面に入れます。そこで”データストリーム”をクリックします。

GA4管理画面

さらに目的のデータストリームをクリックすればウェブストリーム詳細画面で測定IDが表示されます。

データストリームからウェブストリーム詳細ページへ

GTMでGA4を設定する

再びGTMの画面に戻り、先ほどコピーしたGA4の測定IDを使ってGA4を設定していきます。

GA4を導入したいコンテナ(対象のwebサイト)のワークスペースから始めます。

コンテナのワークスペース
コンテナのワークスペース

手順概要は以下の通りです。

  1. タグの新規作成
  2. GA4用タグ名の入力
  3. タグタイプを選択
  4. GA4の測定IDを入力
  5. トリガーの設定
  6. タグ設定を保存
  7. プレビューで動作確認
  8. 公開

①タグの新規作成

①左メニューで”タグ”を選択
②”新規”をクリック

GTMタグの新規作成

タグとは計測内容を記述した一連のコードです。GTMを用いない場合は、Webサイト内に直接タグを記述する必要がありますが、GTMでタグ設定すればその必要はなくなります。

同じコンテナ(Webサイト)内には複数のタグを設定することが可能です。もしすでに設定したタグがあればこのタグ画面に表示されます。

②GA4用タグ名を入力

①左上に任意の名前を入力(タグの内容がわかるもの)
②”タグタイプを選択して設定を開始”をクリック

GTMタグ名の入力

③タグタイプを選択

タグタイプとして”GoogleアナリティクスGA4設定”を選択します。

GTMタグタイプを選択

④GA4の測定IDを入力

①コピーしておいたGA4の測定IDを入力
②”ページビューイベントを送信する”にチェックを入れる
③トリガー設定をクリック

GA4の測定IDを入力

⑤トリガーの設定

トリガーとして”All pages”を選択します。

GTMトリガーの選択

⑥タグ設定を保存

タグの設定を保存します。

GTMタグ設定の保存

以上でタグの設定は終了です。

⑦プレビューで動作確認

1.タグが登録されたのを確認後プレビュー

新規設定したGA4のタグが登録されているのが確認できます。

動作確認のためにプレビューをクリックします。ここでは例として本ブログweb-children.comでのプレビュー画面を紹介します(UAとGA4の両方が登録された状態でのプレビューです)。

新規設定のGA4のタグ登録を確認後プレビュー

2.プレビューするページのURLを入力してConnect

プレビューするページのURLを入力してConnect

3.プレビューページが開く

ブラウザの別タブでプレビューするサイトのページが開いてプレビュー中のポップアップが表示されます。

プレビューページの表示

4.Connected画面でConinueをクリック

ブラウザの元のタブ(先ほど手順2でConnectをクリックしたタブ)に戻ると、Connected!とポップアップが表示されているので”Continue”をクリックします。

ConnectedでContinue

5.計測されていることを確認

ブラウザ別タブのサイトのプレビュー画面(手順3の画面)でリンクをクリックしてサイト内別ページを開くたびに、GA4のFiredのカウント数が増えていくのが確認できます。Firedとは発火という意味で、計測対象のイベントが発生したことを示します。計測が失敗している場合はFiredのカウント数は増えません。

プレビューの計測を確認

6.プレビューの終了

サイトのプレビュー画面の”Finish”をクリックすればプレビューは終了します。

プレビューのFinish

⑧公開

公開によりGTMで設定したGA4の計測が正式にスタートします。

1.コンテナワークスペースのタグページで”公開”をクリック

タグの公開をクリック

2.バージョン名を入力して公開

①バージョン名を入力(履歴がわかるわかりやすい名前にしましょう)
②”公開”をクリック

バージョンを入力して公開

以上でGA4の計測が開始されます。GA4のホーム画面で計測されていることを確認するとよいでしょう。

GTMでは公開するたびに公開バージョンが記録されていきます。複数のタグを登録していったときに不具合が発生した場合や効果のあった広告に戻すなど、過去のバージョンに戻したい場合に便利です。

バージョンの説明欄にメモ代わりに、登録してあるタグ名を列記しておくのもよいでしょう。

まとめ

少し長い手順の説明となってしまいましたが、画面キャプチャーを見ながら手順通り進めていけば、たいしたことはないかと思います。もう一度全体手順の概要を示しておきます。

  1. GTMをWebサイトに導入
  2. GA4を新規登録して測定IDを取得
  3. GTMでGA4を設定する

手順どおり進めたつもりなのに計測されない、という場合、どこか間違いがあったりします。

私の経験であった間違いがGA4の測定IDのコピペミスでした。GA4のウェブストリーム詳細画面に表示された測定IDをマウスで選択してコピぺしたのですが、なぜか計測がスタートせず、測定IDの右横に表示されているコピーボタンからコピペするとうまく動いた、ということがありました。

参考にして頂けると幸いです。

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる