ワードプレスをやろう!と決めてから何日も過ぎている・・・

ようやく初めてログインできても全く進まない・・・

なんとかブログの投稿を始めたが全然稼げない・・・

これ以上時間を無駄にしたくない・・・

そんなあなたには下記の書籍がおすすめです!

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる

ワードプレスの始め方
~稼げるしくみづくりまで
書籍で徹底解説!

詳細はこちら

amazonでたった1コインで手に入れる

ブログ型サイトでも
本格的ホームページ型でも
起業に副業に・・・

あなたに専門知識がなくても
目的のWebサイトを制作できるよう
ウェブチルがお手伝いします

超簡単!ローカル環境(xampp)のインストールと設定方法

ワードプレスで大幅なカスタマイズを施す場合は、いきなり本番のサーバーで実施するのではなく、自分のローカル環境(PC)の中でテストしておきたいですね。そうすれば、いきなり本番サーバーのカスタマイズで失敗して、あれあれ?なんて焦ることもなくなります。

ここでは、ローカル環境を作成するのにポピュラーなxamppをインストール・設定してみましょう。

 

xamppのインストール手順

手順として非常に簡単ですが、若干クリックするページが多いので、以下に順にページ画像を掲載していきます。

ここでの使用OSはWindows10を前提としていますが、xamppはMacでもインストールできます。

 

まずはダウンロードする

https://www.apachefriends.org/jp/download.html

にアクセスして、最新版をダウンロードします。

ファイルをダウンロードする

同じページにMac用のダウンロードもありますので、Macの方はそちらをご利用ください。

 

 

インストールする

ダウンロードしたファイルを実行(クリックすれば実行される)して、インストールを実施します。

以下、インストールのためにクリックを繰り返し要求されますので、そのページを案内しておきます。

 

インストールが始まると、いきなり警告が出ますが、c:\program Filesにインストールするとうまくいかないことがあるよ、との警告です。なので、後でインストール場所をc:ドライブ直下に設定するので問題ありません。

インストール手順①

 

インストール手順②

 

デフォルトのままで次へ進めます。

インストール手順③

 

Cドライブ直下にインストールします。

インストール手順④

 

ここでは、Learn more・・・のチェックは外して次へ進めます。

インストール手順⑤

 

ここで次に進めるとインストールが実際に始まります。

インストール手順⑥

 

しばらくインストール進行中のインジケータが表示されます。

インストール手順⑦

 

インストールが進んで次のような画面が表示される場合がありますが、『アクセスを許可する』をクリックします。

インストール手順⑧

 

これでインストールは完了しました。次に、xamppのコントロールパネルを開くため、チェックを入れてからfinishをクリックします。

インストール手順⑨

 

xamppの動作スタート

言語の選択画面が出るので、英語の方を選択してSaveをクリックしましょう。そうすると、コントロールパネルが開きます。

 

ここで、Apacheがサーバー、MySQLがデータベースを示します。両方とも『Start』をクリックして動作スタートさせましょう。

xamppの動作スタート①

 

Apache、MySQLそれぞれに、下記のように数字が表示されればOKです。これで、サーバー、データベースともにローカル環境で動作中となりました。

xamppの動作スタート②

 

 

xamppの設定

では、xamppを使用するにあたって、簡単に自分仕様に設定しておきましょう。

設定するポイントは以下の2つです。

①xamppを立ち上げたときに、オートスタートするようにする(これで毎回ApacheとMySQLのStartボタンをクリックせずとも動作スタートしてくれます)

②編集用エディターと表示用ブラウザを指定する

 

具体的には、以下のようにします。

コントロールパネル右上のconfigをクリックして設定パネルを開け、それぞれ下記のように設定しましょう。ここではエディターにVs Code、ブラウザにはGoogle Chromeを設定しました。

xamppの設定

 

xamppの管理画面の確認

xamppの管理画面は、ApacheのAdminをクリックすれば確認できます。

管理画面の確認

 

PHPinfoタブを確認

管理画面で、PHPinfoタブを選択してみましょう。そうすると、インストールしたphpのバージョンなどの情報が確認できます。

この例では、PHPがバージョン7.3.11といいうことがわかります。

PHPinfoの確認

 

 

phpMyAdminタブを確認

phpMyAdminタブでは、データベースの管理画面が開きます。

phpMyAdminの確認

 

 

セキュリティ設定をしておこう

このままでも使用はできますが、外部からアクセスされたり、第3者にデータベースを覗かれたりしないように、セキュリティ設定をしておきましょう。

 

データベースにパスワードを設定する

下記のように、コントロールパネルからシェルを開き、

mysqladmin –user=root password “newpassword"

を入力してリターンをします。ここでnewpasswordには任意のパスワードを入れてください。

データベースにパスワードをかける

 

config.inc.phpを編集する。(以下のようにApacheのconfig(構成)からアクセスする)

・auth_typeをcookieに変更(これで自動ログインでなく手動ログインとなる)

・userとpasswordは空欄としておく

config.inc.phpを編集

 

以上のように設定できれば、MySQLのAdmin(管理)ボタンをクリックしてみましょう。

手動ログイン画面が開くので、userはroot、passwordは自分で設定したものを入力してデータベース管理画面(phpMyAdmin)が開けばOKです。

ログイン画面の表示を確認

 

アクセスをパソコンからのみに設定する

外部からアクセスできないように、アクセス条件をローカルのパソコンのみに設定しましょう。

\xampp>\asache\confの中にある、httpd,confを以下のように編集します。

・Listen 80→ #Listen 80に変更

・新規で、Listen 127.0.0.1:80を追加する。

こうすると、Apacheのアクセスポート80番に、ローカルPCからのみのアクセス制限となります。

アクセスをローカルに制限

 

 

xamppの動作終了と立ち上げ方法

以上の設定が終われば、xamppの動作を終了しておきましょう。

Apache、MySQLのStopボタンをクリックするだけです。Portに表示されていた数字が消えます。

 

特にローカルサーバーを使用しないときは、動作を終了して閉じておきましょう。

xamppの終了方法

 

xamppの再スタート方法は、

\xamppフォルダの中のxampp-control.exeをクリックするだけです。コントロールパネルが開くと同時に、ApacheとMySQLがオートスタートします。

xamppの動作スタート

 

まとめ

・xamppのインストールの方法

・初期設定の方法

・セキュリティ設定

について解説してきました。解説通り実施すれば、さほど難しくはないと思います。

 

ワードプレスのカスタイズにローカル環境を利用したい場合は、ぜひ、準備してみてください。

 

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる