ワードプレスをやろう!と決めてから何日も過ぎている・・・

ようやく初めてログインできても全く進まない・・・

なんとかブログの投稿を始めたが全然稼げない・・・

これ以上時間を無駄にしたくない・・・

そんなあなたには下記の書籍がおすすめです!

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる

ワードプレスの始め方
~稼げるしくみづくりまで
書籍で徹底解説!

詳細はこちら

amazonでたった1コインで手に入れる

ブログ型サイトでも
本格的ホームページ型でも
起業に副業に・・・

あなたに専門知識がなくても
目的のWebサイトを制作できるよう
ウェブチルがお手伝いします

ワードプレス ブロックエディターの再利用ブロックで効率よく記事を書こう!

ワードプレスのブロックエディターには、従来のクラシックエディターにはない機能がたくさんあります。ここでは、その中でも、覚えておくと便利な、”再利用ブロック”を紹介します。再利用ブロックにコンテンツを部品化して登録しておけば、別のページでも効率よく使うことができます。

 

※2020年8月のワードプレスversion5.5へのアップデートにより、再利用ブロックの呼び出し方が変わりましたので、2020年9月にこの記事をリライトしました。

 

”ブロックの再利用” をする手順概要

まずは、手順概要を書きだすと、

①部品化したいコンテンツを準備する(任意の固定ページで作成します)。
②準備したコンテンツを選択して、”再利用ブロックに追加”を実施する。
③別ページで利用するために、”再利用可能”一覧から選択して挿入する。

以上、これだけの手順で、再利用ブロックに追加したコンテンツを別のページで何度でも再利用することができます

再利用ブロックの利用方法概要

 

 

 

”ブロックの再利用”の特徴(便利なポイント)

便利なポイントとしては、もちろん、同じコンテンツをすぐ取り出してコピーできる、という点ですが、それだけでなく、

親コンテンツ(上記手順の②で作成したコンテンツ)を編集すれば、子コンテンツ(上記手順③で別のページに挿入したコンテンツ)にも反映されることです。

再利用ブロックの特徴

もし、子コンテンツを、親コンテンツとは別に編集したければ、子コンテンツを”通常のブロックへ変更”すれば編集できるようになります。もちろん、親コンテンツやその他の子コンテンツには影響はありません。

 

 

”ブロックの再利用”の実際の使用例

それでは、実際の使用例を見ながら、使い方を解説していきます。

 

コンテンツを準備する

任意の固定ページに再利用したいコンテンツを作成します。

 

ここでは以下のように、カラムブロックを利用して、画像と文章(タイトルと段落)およびボタンをセットで作成してみました。

カラムブロックの利用方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

(参考記事)ワードプレス ブロックエディターで段組みレイアウトを簡単に作成する方法

コンテンツの準備

固定ページのタイトルは、なんでもかまいません。再利用ブロックの作成専用のページとして、”再利用ブロック1”とかでもよいでしょう。

 

再利用ブロックに追加する

ブロック上部のメニュー部(下記①)から、『再利用ブロックに追加』をクリックします。

再利用ブロックに追加する

もし登録したいブロックが複数にまたがっている場合は、すべて同時に選択(SHIFTボタンを押しながらブロックを選択)して、『再利用ブロックに追加』すればOKです。

 

 

名前を入力して保存

名前の入力を求められますので、入力して保存します。

この名前が、”再利用可能”一覧に登録されますので、わかりやすい名前にしましょう。ここでは、『東京ナイトツアーキャンペーン』としました。

名前を入力して保存




別の編集ページに挿入

では、登録した再利用ブロックを、別のページ(ここではブログ記事)に挿入してみましょう。

以下の手順のように進めます。3ステップだけなので非常に簡単ですよね。ブロック一覧ではなく、再利用可能”タブから選択します。

再利用ブロックを呼び出す手順

 

 

再利用ブロックの挿入を確認

以下のように、目的のコンテンツがブロックに挿入されました。

コンテンツ挿入を確認

 

サイト表示でも確認

以下のように、記事をサイト表示させて確認してみましょう。

非常に簡単に、ブログ記事にコンテンツが挿入されたのがわかりますね。

サイト表示でも確認

 

再利用ブロックの親コンテンツを編集してみる

それでは、試しに親コンテンツを編集してみましょう。

親コンテンツを作成した固定ページの編集画面で、コンテンツ右上の『編集』をクリックします。

再利用ブロック(親)を編集

 

ここでは、以下のように、開催日時などの情報の文字色を変更してみました。変更したら、保存します。

編集して保存

 

 

子コンテンツへの反映を確認

子コンテンツのあるブログ記事をサイト表示させてみましょう。

親コンテンツの変更が反映されているのが確認できます。

子コンテンツをサイト表示

 

 

子コンテンツを親コンテンツとは別に編集するには

子コンテンツを独自に編集したければ、以下のように”通常のブロックに変換する”で編集できるようになります。通常ブロックに戻るので、親コンテンツの編集は反映されなくなります。

子コンテンツの編集には

 

以上のように、非常に簡単な手順で、再利用ブロックを登録でき、それを利用できるのがわかりますね。

 

 

まとめ(再利用ブロックの活用)

以上、今回の例では、キャンペーン記事(CTA)を再利用ブロックに登録してみました。これを、好きなページに挿入したり、編集したりして、CTAとして利用できることがわかりますね。

 

再利用ブロックの利用方法は、CTAのほかにも、

・よく使うボタン
・よく使う見出しデザイン
・よく使う強調エリア(特定の背景色で、特定のパディング(余白)を一定のルールで作成したブロック)
・よく使う表

などを再利用ブロックとして登録しておけば、サイト内記事の統一感を保ちながら、編集も簡単に早くできるようになるでしょう。

 

ぜひ、再利用ブロックを活用して、ブロックエディターで効率よく記事を作成できるようになりましょう。

 

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる