ワードプレス 独自ドメインとSSL化でさくらサーバにインストール

ワードプレスをさくらサーバーにインストールする方法を解説します。

ここでは、外部サービスで取得した独自ドメインで、さくらサーバーにSSL化した状態でインストールします。

さくらサーバーは、低価格なわりに、スペック的にもワードプレス初心者には必要十分ですのでお勧めです。
私も複数のサイトで使用しています。

本作業前の前提条件(準備)

前提条件としては、次の2点となります。

・さくらサーバーでレンタルサーバーのスタンダードプランに契約していること。
ライトプランはワードプレスが不可。プレミアム以上のプランは、手順は同じと思いますが、私自身が試したことがありません。)

・外部サービス(お名前.com)で、独自ドメインを取得していること

独自ドメイン取得方法については、以下の記事をご参考にしてください。

参考記事:初めてのワードプレス ドメインを取得してレンタルサーバーへ登録

 

ワードプレスのインストール手順

手順概要

慣れれば簡単ですが、初めての方には若干長くて複雑ですので、まずは概要を説明します。

 

1.ワードプレスのインストール準備

①データベースを作成
ワードプレスにはデータベースが必要なので、あらかじめ作成しておきます。

参考記事:初めてのワードプレス ざっくりしくみを知って準備をしよう!

 

②ワードプレスのインストールURLを作成

この段階では、独自ドメインでなく、さくらサーバーから与えられた初期ドメイン(〇〇.sakura.ne.jp)を使用します。

 

2.さくらサーバーへの独自ドメインの登録

記事:初めてのワードプレス ドメインを取得してレンタルサーバーへ登録

ですでに、さくらサーバーへ独自ドメインを登録済の方は、ここは飛ばして大丈夫です。

 

ただし、今回は、さくらの新コントロールパネルで全体を解説していますので、ざっと目を通しておいてください。

 

3.登録した独自ドメイン名にワードプレスパスを通す

上記1-②で作成したURLと独自ドメインとを紐づけします。

 

4.ドメインをSSL化する

無料SSL登録をします

 

5.ワードプレスの最終インストール

SSL化した独自ドメイン名でブラウザからアクセスすると、
ワードプレスのインストール画面が表示されるので、
必要事項を入力してインストールを完了させます。

 

6.常時SSL化をする

http://~ でアクセスしても、https://にリダイレクトされるように設定します。

ワードプレス管理画面(ダッシュボード)にログインして、
すでにインストールされているプラグインSAKURA RS SSLを有効化して設定します。

 

 

手順の概要は以上です。それではいよいよ、以下に本手順を解説していきます。

 

手順1.ワードプレスのインストール準備

 

1-1.データベースを作成

さくらサーバーの新コントロールパネルにアクセスしてログインして作業を進めていきます。

ホーム画面のショートカットの『データベース』をクリックして、データベースを新規作成します。

 

データベース名は任意の半角英数字および記号ですが、自分がわかりやすいものにしましょう。

間違い防止のためにも、後で作成する、ワードプレスのインストールURLと同じにしておくのがよいと思います(ここでは、lightning-demoとしました)。

データベースの作成手順

1-2.ワードプレスのインストールURLを作成

コントロールパネルのホーム画面に戻って、ショートカットの『WordPressインストール』をクリックして、以下、順次入力していきます。

URLのディレクトリ名(任意)を入力。間違い防止のために、データベース名と同じにしておくことをお勧めします(ここでは、lightning-demoと入力)

 

先ほど作成したデータベース名に相当するデータベースを選択する。

 

データベース作成時のパスワードを入力

 

ライセンス・利用規約への同意にチェックを入れる

 

⑤最後に『作成する』をクリックする

ワードプレスのインストールURLの作成

 

(注意!!)

以上で、ワードプレスは、初期ドメイン(さくらサーバーと契約時に与えられたドメイン 〇〇.sakura.ne.jp)と今回ワードプレスURL作成時に入力したディレクトリ名(今回lightning-demoとした)とで構成されるURL

http://〇〇.sakura.ne.jp/lightning-demo/

にアクセスすると最終インストール画面が表示されます。

 

しかし、まだ、独自ドメインとの紐づけが終了していない現段階では、このURLにアクセスせず、次の手順2以降に進めてください。

(逆に、独自ドメインを使用せず、このままのURLでワードプレスを使用していきたい場合は、ここにアクセスして最終インストール(手順5)を実施すればインストールは終了です)

 

 

手順2.さくらサーバーへの独自ドメインの登録

(記事:初めてのワードプレス ドメインを取得してレンタルサーバーへ登録にしたがって、さくらサーバーへ独自ドメインを登録済の方は、ここは飛ばして大丈夫です。ただし、新コントロールパネルの新規ドメインの登録画面へのアクセスは、この手順を見て知っておいてください)

 

さくらサーバーの新コントロールパネルで、
ドメイン/SSL>ドメイン/SSL をクリックして、ドメイン登録画面へ進める。

独自ドメインの登録画面へ

 

他社で取得した独自ドメインの追加 画面で、登録ドメイン名を入力して登録。

独自ドメインを登録

※ここで表示されているネームサーバー情報は控えておいて、外部ドメインサービス(お名前.com)にてDNS変更手続きをしてください。

方法は
記事:初めてのワードプレス ドメインを取得してレンタルサーバーへ登録

の『手順3 DNSの設定』に記載されています。

 

 

手順3.登録した独自ドメイン名にワードプレスパスを通す

ドメイン追加画面のドメイン一覧表の中から、対象ドメインの『設定』をクリックしてドメイン設定画面に行き、ワードプレスをインストールしたディレクトリ名(ここではlightning-demo)を入力します

ドメインにワードプレスのパスを通す1

他の設定はデフォルトのまま(画像の通り)で、『保存する』をクリックします。

ドメインにワードプレスのパスを通す2

上記のように、ドメイン一覧表のパスに、ワードプレスをインストールしたディレクトリ名が含まれた形に変更されているのを確認しておきましょう。

 

 

手順4.ドメインをSSL化する

ドメイン追加画面のドメイン一覧の中から、対象ドメインの『SSL』をクリック。

次に『登録設定を進める』をクリック。

 

さらに、SSL証明書の利用種類を選択 の画面から、
Let’s Encrypt(無料SSL)欄で、『利用する』をクリックします。

SSL化手順の1

ポリシー同意にチェックを入れて、『設定する』をクリック

SSL化手順の2

上記の青エリアに記載の通り、ここから数分~数時間待つと、SSL化登録終了のメールが送られてきます。それまで待ちましょう。

 

 

手順5 ワードプレスの最終インストール

メールが送られてきたら、次に進めます。

ドメイン追加画面のドメイン一覧表で、該当ドメインのSNI SSLの有効期限が表示され、パスも独自ドメイン名になっていればSSL登録は目論見通り無事終了していますので、確認しておきましょう。

 

 

次に、ブラウザで、登録したドメイン名でのSSL化されたURLにアクセスします。

 

例えば、ドメイン名が〇〇.comならば、

https://〇〇.com

にアクセスしましょう。
※頭はhttpではなくhttpsです。sを付けるのを忘れないようにしてください

 

ワードプレスの最終インストールへ

https://ドメイン名 でアクセスして、上記画像の右下のような表示が出ればワードプレスとSSL化ドメインとの紐づけが成功です。

この画面で、必要事項を入力して、ワードプレスのインストールを完了させましょう。

 

ワードプレスのインストール完了

成功しました! が表示されたら、『ログイン』をクリック。

ログイン画面へ

上記画像の右下の画面が、今後ワードプレスの管理画面へのログイン画面になりますので、ブックマークをして、いつでもアクセスできるようにしておきましょう。

 

手順6.常時SSL化をする

以上で、インストールは終了ですが、最後に常時SSL化をしておきましょう。常時SSL化することで、http://ドメイン名 でアクセスしたユーザーがいても、自動的にhttps://ドメイン名に置き換えてアクセスしてくれるようになります。

さくらサーバーでワードプレスをインストールすると、自動的にプラグインSAKURA RS SSLがインストールされていますので、これを有効化して使います。

 

ダッシュボード(管理画面)メニュー(左側に縦に並んで表示される)の中から、

プラグイン>インストール済プラグイン をクリックしてプラグイン一覧表示画面にアクセスします。

 

その中から、SAKURA RS SSLを捜して、『有効化』をクリックしましょう。

 

常時SSL化手順1

有効化すると、ダッシュボード(管理画面)メニューの設定の中に、SAKURA RS WP SSLという項目が表示されますので、これをクリックして、上記画像の右下部の画面にアクセスします。

 

ここで、画像のように2か所にチェックを入れて、『SSL化を実行する』をクリックしてください。

 

以上で、常時SSL化が設定されます。試しに

http://ドメイン名 でアクセスしてみて、https://ドメイン名に置き換わることを確認してみてください。

 

 

 

まとめ

以上、長きにわたりましたが、さくらサーバーでのワードプレスのインストールにおいて、

独自ドメイン名でSSL化

という作業も紐づけて実施しました。

 

ワードプレスをインストールしてしまった後から、独自ドメイン名への変更やSSL化もできますが、手順が複雑となりますので、この手順通り、最初にしてしまうことをお勧めします。

 

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!

オンラインで開催して好評だったセミナー”ワードプレス100分体験セミナー(ブログサイト制作)”をamazonキンドルにて書籍化しました。

amazonページはこちら