Web-Children > blog > ワードプレス > ワードプレスの準備 > 初めてのワードプレス ドメインを取得してレンタルサーバーへ登録

初めてのワードプレス ドメインを取得してレンタルサーバーへ登録

ワードプレスで自分のWebサイトを立ち上げる前に、Webサイトの住所となるURLの中核であるドメインを独自に取得しておきましょう。外部サービスでドメインを取得し、自分の契約したレンタルサーバーへ登録する方法を解説します。

URLはhttp://(www.)~ とかhttps://(www.)~のように始まりますが、この~の部分に入る頭の部分がドメイン名です。例えば、日本のアマゾンならばamazon.co.jp とかいった部分です。

 

 

なぜ独自にドメインが必要なの?

独自のドメイン名を取得するのには、お金はかかります。ドメイン名にもよりますが、年間500円~3000円くらいが相場でしょうか。

それでも、ドメインを取得する理由とは何でしょうか。

 

 

レンタルサーバーを借りたときに、アカウントごとにドメイン名は与えられます。例えばさくらサーバーならば、example.sakura.ne.jpといった感じです。

ワードプレスは、このドメインのままでもインストールすることは可能です。例えば、ワードプレスをインストールする時に、wordpress-siteという名前でインストールしたとすると、このサイトのURLは

http://example.sakura.ne.jp/wordpress-site/

となります。

でも、これってぱっと見たとき、何のサイトかわからないうえ、ひょっとしてさくらサーバー関連の何かのサイトかな、と勘違いされてしまいますね。ほかにも

覚えにくい
ビジネス用サイトとして信頼されにくい

といったデメリットもあります。特にビジネスサイトの場合、独自のドメインも持たないサイトは、閲覧する人が何か仮のサイトにように感じるなど、ビジネスへの本気度が疑われることが多いのです。

 

ですので、自分のサイトの目的や会社名に合った独自のドメインを取得して、そのドメイン名でワードプレスをインストールするようにしましょう。

 

例えば、花屋のWebサイトを立ち上げるならば、flower-example.comなどのドメインを取得してワードプレスをインストールすれば、URLは

http://flower-example.com/

となるわけです。お花関連のサイトかな?と推測できるうえ、シンプルで覚えやすいですよね。

 

せっかく自分のWebサイトを持つのですから、閲覧してくれる人に覚えてもらいやすいドメイン名を取得しましょう。

 

ワードプレスをインストールする前にドメインを取得する

ワードプレスは、最初にインストール段階でこのドメイン名を決める必要がありますので、ワードプレスをインストールする前にドメインを取得しましょう。

 

ドメイン名にも格がある

ドメイン名の後ろにつける、.comとか.jpや.co.jpなどの部分ですが、これにも格があります。

 

一番格上なのは、.co.jpです。これは、日本で登記された法人にしか取得できないドメイン名だからです。.co.jpであれば、正式に存在する会社だと信用できるわけですね。

次が.jpです。

 

あとは、自分のサービス名に応じて決めればよいでしょう。ビジネスサイトであれば、.bizも人気がありますが、ポピュラーなのは.comや.netといったところですね。

当然格上のほうが取得価格が高くなります。

 

ドメインを取得はお名前.comで

ドメインを取得するサービスを提供しているサイトはいくつかありますが、

お名前.com

が一番有名です。GMOという大手インターネット会社のグループでもあります。

お名前.com

以下にお名前.comでドメインを取得してさくらサーバーと連動させる手順を紹介します。
他のレンタルサーバーの場合でも、することは同じです。

 

ドメイン取得手順

概要

1.お名前.comでドメイン名を取得する
2.取得したドメインをレンタルサーバー(さくらサーバー)へ登録する
3.DNSの設定をする。(お名前.comでプライマリネームサーバとセカンダリネームサーバに、レンタルサーバー(さくらサーバー)で取得したアドレスを登録します)

の3つのステップが必要となります。

3つ目のステップが必要な理由としては、URLをIPアドレスに変換するDNSへの登録が必要なためです。これをしないと、取得したドメインは、お名前.comのIPアドレスへ変換するDNSのままなので、自分のWebサイトの存在するレンタルサーバーのIPアドレスに変更登録しておく必要があるのですね。詳しくは記事『初めてのワードプレス ざっくりしくみを知って準備をしよう』で、DNSの役割をご確認ください。

 

手順1: お名前.comでドメインを取得する

①お名前.comにアクセスする

お名前.com

 

②登録したいドメイン名で検索する

お名前.comで検索

 

③登録可能であれば、チェックできるボックスが表示されるので、チェックして進める

ドメインを選択

メールマークは空きがでればメール通知します、の意味なので登録不可です。
・ページ下部に表示されているレンタルサーバーのご利用は、『利用しない』を選択してください

 

④料金を確認。さらに下記の2つのオプションに入るならばチェックを入れて料金を確認して次に進める

ドメイン取得時のオプション
Whois情報公開代行メール転送オプション  は有料(+300~500円ほど)ですが、ドメイン名に紐づけされる個人情報公開をしたくなければチェックして選択することをお勧めします。

ドメインプロテクション は、ドメイン乗っ取り対策などのセキュリティ強化には有用です(年間1000円ほど)。サイトの目的に応じて、ご判断ください。初期は使用せず、サイトがある程度育ってから後で使用始めることも可能です。

⑤必要な事項登録をしてドメイン取得のお申込みを実施

個人情報入力画面が開くので入力して申し込みを実施します。

⑥早ければ数分後、登録したメールアドレスに登録完了通知が来ます。

 

手順2 さくらサーバーへの登録

①さくらインターネットのコントロールパネルにアクセスします。

②左メニューの『ドメイン/SSL設定』をクリック

③右側の『新しいドメインの追加』ボタンをクリック

さくらサーバーでのドメイン登録
④下の方の『5.他社で取得したドメインを移管せず使う』という枠にある『ドメインの追加へ進む』をクリック

ドメイン追加をクリック

⑤ドメイン名ボックスにドメイン名を入力して⑥送信をクリック

※その下に表示されているプライマリネームサーバとセカンダリネームサーバを控えておいてください(次の手順3で使用)

さくらサーバードメイン登録

 

手順3 DNSの設定

①お名前.comのドメインNavにログインする。

②ドメインNavのドメイン一覧タグに切り替えて、ドメイン一覧の中から、該当ドメインのDNSの『変更する』を選択

DNSを変更画面へ

③他のネームサーバーを利用タブを選択して、ネームサーバー情報を入力

DNSを入力して登録
ネームサーバー1と2に、それぞれさくらサーバー登録で控えたプライマリネームサーバーとセカンダリネームサーバーアドレスを入力。

例)
ns1.dns.ne.jp
ns2.dns.ne.jp

 

④確認画面へ進み、設定するをクリック。

以上で、全ての設定が終了です。

 

まとめ

Webサイトを家に例えるならば、レンタルサーバーは土地、ドメイン(URL)はその土地の住所です。住所がわかりやすく、住所を見ただけで信頼のおける土地だとわかって頂くためにも、独自のドメインを取得しましょう。

使用するレンタルサーバーによって、若干の手順の違いはありますが、基本は次の3つだけですので、頭に入れておきましょう。

1.外部ドメイン取得サービス(今回は、お名前.comを使用)でドメイン名を取得する
2.取得したドメインをレンタルサーバー(今回は、さくらサーバーを使用)へ登録する
3.DNSの設定をする。

関連記事