ワードプレスをやろう!と決めてから何日も過ぎている・・・

ようやく初めてログインできても全く進まない・・・

なんとかブログの投稿を始めたが全然稼げない・・・

これ以上時間を無駄にしたくない・・・

そんなあなたには下記の書籍がおすすめです!

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる

ワードプレスの始め方
~稼げるしくみづくりまで
書籍で徹底解説!

詳細はこちら

amazonでたった1コインで手に入れる

ブログ型サイトでも
本格的ホームページ型でも
起業に副業に・・・

あなたに専門知識がなくても
目的のWebサイトを制作できるよう
ウェブチルがお手伝いします

ワードプレスを止めずにドメインそのままでサーバー移行(引っ越し)する方法

ワードプレスで運用しているサイトを稼働させたままでサーバー引っ越しする方法について解説します。
もちろん引っ越し元サイトと引っ越し先のドメインは同じものという前提です。

といっても、詳細手順はサーバーによって異なりますので、本記事ではワードプレスサイトを止めずにサーバ引っ越しするための概要手順についての解説となります。

本記事でわかること

ワードプレスサイトをサイト運用を止めずに、同じドメインでサーバー引っ越しする方法を知ることができます。

ワードプレスのデータの移動はプラグインAll in One WP Migrationを使用なので簡単
・稼働中のサイトを止めずに引っ越しするための作業フローを知る
・実際に元サイトから移行先サイトへ稼働が移る時の注意点を知る

なお、こちらの記事に引っ越し先のサーバーがカラフルボックスの場合について、詳細な方法を解説していますので参考にしてください。

ワードプレスのサーバー引っ越し手順概要

①引っ越し前準備

プラグインAll in One WP Migrationを使って、引っ越し元のワードプレスサイトのデータをコピーしておきます。

プラグインAll in One WP Migration

All in One WP Migrationの使用方法は、次の記事を参照ください。

データをコピーする前に、ログインを制御するプラグイン(SiteGuard WP Pluginなど)やセキュリティ用プラグイン(All in One WP securityWordfence Securityなど)は停止してからコピーした方が無難でしょう。

また、SSL化に使うプラグインなどURLをリダイレクトするプラグインやキャッシュ設定プラグインも停止しておきましょう。

これらのプラグインは、引っ越しが完了してから最後に再有効化して設定することをおすすめします。

ログイン制御やセキュリティ用プラグインなどは、有効化したときに.htaccessファイルを書き換えることで機能が働くようになっていますが、有効化したまま引っ越しすると、引っ越し先サーバーの.htaccessファイルを書き換えずにそのままになってしまう、ということがあります。その場合はプラグインが有効に働いていません。したがって、引っ越し前に無効化・引っ越し後再有効化して設定、というのがよいでしょう。

また、リダイレクトをするプラグインの場合は、引っ越し先でエラーを発生させる場合があるので、これも無効化しておきます。

②独自ドメインの登録

引っ越し元で使用しているドメインを引っ越し先のサーバーに登録します

登録の方法はサーバーにより異なりますので、ご使用サーバーの取り扱い説明書を確認ください。

③PHPバージョンを合わせる

引っ越し元のPHPのバージョンを確認して、引っ越し先のPHPバージョンを合わせておきます

これは引っ越し先のサーバーのPHPバージョンの方が引っ越し元よりも古い場合には必須と思われます。
引っ越し元のPHPの方が古い場合は、引っ越し先は新しいPHPバージョンのまま使っても問題ないでしょう。

④hostsファイルの設定

引っ越し元でサイトを稼働させながら、引っ越し先サーバーでインストールしたワードプレスの稼働を確認するために、パソコンのhostsファイル設定をしておきます

通常はドメイン(URL)にアクセスすると、当然まだ稼働中の引っ越し元サイトにアクセスしてしまうため、引っ越し先のサイトがうまく稼働しているかどうかの確認ができません。

そこで、パソコン側のhostsファイル設定に細工をして、そのパソコンからならば引っ越し先サーバーのドメインにアクセスできるようにするわけです。

『引っ越し元サイトを止めずに新しいサーバーに引っ越す』ためには、この手順がキーとなりますので、詳細手順については後述します(Windowsの場合)。

⑤引っ越し先にワードプレスをインストールする

引っ越し先サーバーで、登録した独自ドメインにワードプレスをインストールします。

インストール方法はサーバーによって異なりますので、ご使用サーバーの取り扱い説明書を確認ください。

⑥ワードプレスサイトデータを移管(コピー)する

移管元からコピーしておいたワードプレスのデータをプラグインAll in One WP Migrationを使ってインポートします。

この手順⑥と次の手順⑦のときに、引っ越し先のドメインにアクセスする必要がありますので、手順④のhostsファイルの設定がされていることが前提となります。

⑦インポートしたサイトの動作確認

引っ越し先のドメインにワードプレスが無事移管できていることを確認します。

各ページの動作や表示が思った通りか、よく確認するようにしましょう。

・投稿ページや固定ページ、ウィジェットの表示は正常か?
・ナビゲーションメニューおよび記事内のリンクは正常か?
・ログイン、ログアウトが正常にできるか?

引っ越し元のサイトURLがhttps://~だった場合、引っ越し先ドメインはまだSSL化していないhttp://~であることに注意が必要です。これに起因するリンク切れが発生することがあるからです。

All in One WP Migrationは、データベース内のパスを引っ越し先URLに合わせて変更してくれるので、自動的にはhttps→httpに変換できているはずですが、次のような一部のURLは変換されずにリンク切れとなります。

  • カスタムCSSやjavascript内で定義したURL
  • ウィジェット内に記述したURL(画像やボタンなどのリンク先)
  • ヘッダー画像やロゴなど、テーマカスタマイザーで指定した画像のURL
  • 他のプラグインで設定した画像などの参照先URL

このような部分はリンク切れのため画像が表示されなかったり、リンク先へ飛ばなかったりします。
したがって動作チェックのためには手動でhttpsをhttpに書き換えて確認する必要があるのです。

ただし、後にSSL化したときに、もう一度手動でhttpをhttpsに戻す必要があるので二度手間になってしまいます。変更箇所が多数あるときは、一部のみ手動変更して表示が正常になるかを確認するとよいでしょう。

⑧hostsファイル設定を元に戻す

手順④で設定したhostsファイル設定を元に戻します(詳細手順は後述)。

これで再び運用中である引っ越し元のサイトが表示されるようになります。

⑨メールアドレスの設定

独自ドメインでのメールを運用している場合は引っ越し先サーバーでメールアドレスを作成します

独自ドメインによるメールアドレス設定は、ご使用のサーバーに確認してください。

⓾ネームサーバーを切り替える

ネームサーバーの切り替えをすることで、ドメインの指定するサーバーが変更となります。
すなわち、引っ越し元から引っ越し先へアクセスが変更されるます

※引っ越し先のサーバーによっては、ネームサーバーの切り替え前にDNS設定が必要な場合があります。ご使用のサーバーに確認ください。

今まではネームサーバーに引っ越し元サーバーのIPアドレスが指定されていたので、

ドメインのURL=引っ越し元サーバーのIPアドレス

となっていました。これを、

ドメインのURL=引っ越し先サーバーのIPアドレス

となるように、ネームサーバーを登録し直します。

具体的には、ドメイン管理先のネームサーバーを書き直す、という作業になりますが、作業方法はドメイン管理先により異なりますので手順書を確認してください。

例えば、お名前.comで管理されているドメインであればこちらになります。

この作業により引っ越し元のサーバーから引っ越し先へアクセスが移りますので、その前にここまでの手順で見落としがないか確認しましょう。

注意事項

この手順”⓾ネームサーバーを切り替える”を実施すると、その後1~2時間程度で引っ越し元サーバーから引っ越し先サーバーへアクセスが移り始めます

引っ越し先サーバーにアクセスが移ったとき、表示がおかしいなどの不具合や思わぬアクシデントがないとは限りませんので、”⓾ネームサーバーを切り替える”作業は、アクセスの少なくなる夜間などがよいでしょう。

したがって、手順①~⑨までは時間の取れる昼間などに先に進めておきアクセスの少なくなる夜間時間帯に⓾以降の手順を実施するのがよいかと思います。

また環境によってはアクセス変更が反映されるのが遅く、インターネット全体に浸透するのに24~72時間程度かかる場合があります。したがって引っ越し終了後に、引っ越し元サーバーの稼働停止を考えておられるならば、サイト移管後5日以上経過後がよいと思います。

引っ越し元か引っ越し先なのかを見分ける方法

私は、プラグインSiteGuard WP Pluginを普段は有効化して、ログイン画面に画像認証をつけていますが、引っ越し元からデータをコピーする際、無効化してからデータのエクスポートを実施し、再度有効化しておきました(引っ越し元サイトはそのまま運用を継続しているため)。

そうすることで、ネームサーバー変更後、それが引っ越し前なのか引っ越し先なのかを見分けることができました。ログイン画面に画像認証があれば引っ越し元、なければ引っ越し先ということです。

⑪SSL化

引っ越し先に登録したドメインをSSL化します。

ここでSSL化をする理由は、ネームサーバーが登録先に設定された後でないとSSL化できないからです。

SSL化は、各サーバーで無料のSSLが提供されていると思いますので、そちらの手順にしたがってください。

⑫リダイレクト設定をする(http→https,www付→wwwなし)

SSL化ができたら、ドメインをhttps~に統一するためのリダイレクト設定をします。

.htaccessファイルにリダイレクトする記述をすることになりますが、最近では各サーバーにリダイレクトするための手順(通常簡単なクリックだけで済む)が設定されていますので、そちらを確認すればよいでしょう。

.htaccessファイルへの記述ですが、例として

http://web-children.comhttps://web-children.com とリダイレクト
(www.web-children.comweb-children.comにリダイレクト)

の場合は次の記述となります。

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^web-children.com$ [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.web-children.com$
RewriteRule ^/?$ "https://web-children.com/" [R=301,L]

⑬サイト内URLをhttpsに統一する

SSL化したにもかかわらずブラウザで通信のセキュリティ警告(Chromeならば”保護されていない通信”と表示される)が出ている場合は、サイト内のページににhttpとhttpsが混在しているので、これをhttpsに統一します。

こちらに詳細手順を解説してるので参照してください。

⑭引っ越し先サイトを整える

最後に、データ移管前に無効化しておいたプラグインを有効化して再設定したり、広告に関するファイルの移管忘れなどがないかをチェックしましょう。

例えば、Google Adsendseを使用している場合、サイトのルートディレクトリにads.txtファイルを置いているはずですが、これは手動で移動する、または、再設定する必要があります。

またリンク切れがないかどうか、プラグインBroken Link Checkerなどでチェックしておくと安心です。

以上で完了です。お疲れ様でした。

hostsファイルの設定詳細手順

手順④hostsファイルの設定について詳細に紹介しておきます。

あらかじめ必要な情報としては、引っ越し先サーバーのサーバーIPが必要となるので準備しておきましょう。

hostsファイルを設定すると、パソコンから引っ越し先サーバーに登録した独自ドメインサイトにアクセスできるようになります(本来の独自ドメインサイトはまだ引っ越し元サーバーで一般公開中ですから、公開前の引っ越し先サーバーのサイトには通常の方法ではアクセスできません)。

今回は、Windowsでの設定方法を紹介します。
Macでの設定については、サーバー:カラフルボックスのマニュアルの中の”Macでの設定方法”がわかりやすいので参照するとよいでしょう。
https://help.colorfulbox.jp/manual/hosts-conf/

以下の手順は、

登録したドメイン名:web-children.com
引っ越し先サーバーIP:162.60.162.143

を例とした手順となります。

1.メモ帳を右クリックで”管理者として実行”する

メモ帳を管理者として実行する

2.メモ帳でhostsファイルを開
①ファイル>開く
C:WindowsSystem32driversetchosts”と入力して 
開く”をクリック

メモ帳でhostsファイルを開く

3.開いたhostsファイルを編集して保存
①サーバーIP+半角スペース+ドメイン名 を入力
ファイル>上書き保存

hostsファイルの編集保存

上記のように、
162.60.162.143 web-children.com”と
あらかじめ準備したサーバーIP名(数字の羅列)+半角スペース+ドメイン名
を入力して上書き保存します。

これで、hostsファイル設定ができましたので、パソコンからhttps://web-children.comにアクセスすると、引っ越し元で稼働中のサイトではなく、引っ越し先サーバーのweb-children.comにつながるようになります。

hostsファイル設定を元に戻す手順

手順⑧のhostsファイルを元に戻す手順も一応紹介しておきます。

メモ帳で編集したhostsファイルを元に戻します

追加記述した部分を削除して、上書き保存してください。

hostsファイル設定を元に戻す

上書き保存後、引っ越し元のサイトにアクセスできればOKです。

まとめ

引っ越し元サイトを稼働させながら、同じドメインのままワードプレスサイトの引っ越し方法について解説してきました。

長い作業に見えますが、プラグインを使ってデータ移管することもあって、さほど難しいことではありません。

キーポイントは、hostsファイルを設定することで、

ネームサーバー切り替え前に引っ越し先のサイトにアクセスしてプラグインでデータインポートを行う。
サイトの動作確認もする

というところでしょう。

それでもやはり面倒だな、と感じた場合は、サイト引っ越しサービスを使用するとよいでしょう。

私が引っ越し先に指定したサーバー:カラフルボックスの特徴(メリット・デメリット)

実際にカラフルボックスへサイト引っ越しした手順

書籍『アラフォー世代~60代までの男女44人が100分でブログを立ち上げたワードプレス習得法!!副業にも応用可能!』

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる