ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる

ワードプレスの始め方
~稼げるしくみづくりまで
書籍で徹底解説!

詳細はこちら

amazonでたった1コインで手に入れる

ブログ型サイトでも
本格的ホームページ型でも
起業に副業に・・・

あなたに専門知識がなくても
目的のWebサイトを制作できるよう
ウェブチルがお手伝いします

WordPressブロックベースのウィジェット使用方法【version5.8新機能】

ワードプレス5.8から、ウィジェットがブロックベースとなりました。

慣れ親しんだ?Gutenbergエディターと同様の操作感で、ウィジェットエリアにウィジェットとしてブロックを配置する、というものです。

本記事では、このブロックベースのウィジェットエディターの使用方法について紹介します。

この記事でわかること

新ウィジェット画面の操作方法
・ウィジェットの配置
・ウィジェットの削除
・ウィジェットの使用停止

旧ウィジェット画面への戻し方

これによって、従来のブロックやテーマプラグインで追加したブロックもウィジェットとして使えるなど、豊富なライブラリーを使用可能となります

ただし、テーマによっては従来使用していたウィジェットが使えなくなる可能性があるなど、まだ使用するには時期尚早かもしれません。

したがって、旧ウィジェット画面への戻し方も紹介しておきました。

本記事では、現段階で最も新ウィジェットに対応していると考えられるテーマTwenty Twent-Oneを使って解説していきます。

目次

ウィジェットで配置されたフッターエリア

先にテーマTwenty Twenty-Oneでウィジェット配置されたフッターエリアの表示状況を確認しておきましょう。

Twenty Twenty-Oneのフッターウィジェットエリア表示

上の赤点線内がフッターウィジェットエリアです。

 ・検索
 ・最近の投稿
 ・最近のコメント
 ・アーカイブ
 ・カテゴリー
 ・メタ情報

の6つのウィジェットが、デフォルト状態では配置されているのがわかります。

従来のウィジェット画面

これを従来(WordPress5.7以前)のウィジェット操作画面で見てみましょう。

ダッシュボード 外観>ウィジェット で次のように表示されます。

従来のウィジェット操作画面

フッターエリアに先ほどの6つのウィジェットが配置されているのが確認できます。

wp5.8で新しくなったウィジェット画面

WordPress5.8で同じ画面を確認します。

ダッシュボード 外観>ウィジェット の画面です。

WordPress5.8でのウィジェット操作画面

見映えが全く変わりましたが、Guntenbergエディターと同様の画面であることがわかります。

ウィジェット操作画面の解説

画面の解説を加えると下図のようになります。
ウィジェット配置エリアの中に、各ウィジェットがブロックとして配置されています。

ウィジェット操作画面の解説

ちなみにウィジェット配置エリア(この場合はフッター)を閉じると下記のようになります。

ウィジェット配置エリアを閉じた状態

テーマTwenty Twenty-Oneの場合は、ウィジェット配置エリアとしてはフッターしかありませんが、サイドバーなどほかの配置エリアがある場合は、フッターと並んで複数の配置エリアが表示されます。

そして、ウィジェット配置エリアの下には”使用停止中のウィジェット”の置き場所があるわけですね。

新ウィジェット画面の使い方

Gutenbergエディターと同様の操作感ですので、慣れた方ならばほとんど直感的に使用できます。

ウィジェットの配置

例として、テーブルブロックをウィジェットに配置してみます。
次の2ステップだけです。

①画面左上の+マークをクリック
②ブロックを選択する

ウィジェットの配置手順

この結果、テーブルブロックがウィジェットエリアに配置されました。

ウィジェットの配置結果

あとは、テーブルブロック内の設定をすれば表が表示されるようになります。

このように、ブロックとして選択できるものであればどれでもウィジェットエリアに配置できるのが新ウィジェットのメリットです。

従来のウィジェットを使用するには

しかし、従来のウィジェットの中には、ブロックとして存在しないものもあります。

そんな場合は、ブロックの中の”従来のウィジェット”を選びます。
(ブロックの中の”ウィジェット”グループの中にあります)

従来のウィジェットを選択

配置された”従来のウィジェット”ブロックは、ドロップダウンで複数のウィジェットの中から選択できるようになっています。

従来のウィジェットから選択

ただし上記を見ればわかるように、”メタ情報”と”ナビゲーションメニュー”の2つしか選択肢がありません。

今後、テーマが従来準備していたオリジナルのウィジェットがこの中から選択できるようになるのか、あるいは、ブロックとして準備されるのかは、各テーマの対応によるかと思います。

ウィジェットの削除

ブロックの削除と同様の手順です。

①削除したいブロックを選択
②ツールバーの3点メニューをクリック
③”ブロックを削除”をクリック

ウィジェットの削除手順

ウィジェットの使用停止

ウィジェットの削除ではなく、一時的に使用停止する場合は以下の通りです。

①停止したいブロックを選択
②ツールバーの”ウィジェットエリアへ移動”をクリック
③開いたドロップダウンの中から”使用停止中のウィジェット”をクリック

ウィジェットの停止手順

停止したウィジェットは”使用停止中のウィジェット”エリアに移動します。

使用停止中のウィジェットエリアに配置

ウィジェットの停止は、ドラッグ&ドロップでブロックを直接”使用停止中のウィジェット”エリアに移動してもOKです。

ドラッグandドロップで移動

停止したウィジェットの復旧

使用停止中のウィジェットは、

・ドラッグ&ドロップで元のエリアに戻す
・ブロック内ツールバーの3点メニューから移動先のウィジェットエリアを選択する

のいずれかの操作で復旧可能です。

テーマカスタマイザーでの操作

ウィジェットは、テーマカスタマイザーからも操作可能です。

ダッシュボードメニュー 外観>カスタマイズ>ウィジェット を開けます。

ウィジェットは左のパネルで操作します。
ウィジェットがブロックとして配置されています。

カスタマイザー内でのウィジェット操作

右側がプレビューとなっています。
鉛筆マークをクリックすれば、対応するブロックが左のパネル内で選択されて表示されます。

プレビューからウィジェットを選択操作

このようにカスタマイザーの中でのウィジェット操作は、プレビューで確認しながら操作できるのがメリットですが、いかんせん左の操作パネルが狭いのでわかりにくいのが難点です。

また、ウィジェットの停止ができないのもデメリットです。

したがって私は、基本的には、外観>ウィジェット の画面で操作するようにしています。

旧ウィジェットへの戻し方

先にも述べたように、テーマによっては従来のウィジェットが選択できない可能性があります。

そこで、旧ウィジェットに戻すプラグインがWordPress開発チームから提供されています。
プラグインClassic Widgetsです。

プラグインClassic Widgets

インストール・有効化するだけで旧ウィジェットとなります

新ウィジェットはまだまだリリースされたばかりなので、version5.8が5.8.1や5.8.2にアップデートされて安定化するまでは旧ウィジェットに戻して様子を見たいという方も多いでしょう。

実際、有料テーマなどサードパーティから提供されるテーマの多くは、まだ旧ウィジェットの設定としているものが多いかと思います。

まとめ

WordPress5.8でリリースされた新ウィジェットは、Gutenbergのブロックをウィジェットとして使用することができます。

従来使用できなかったウィジェットが利用できる一方、テーマの対応状況によっては、従来のオリジナルウィジェットが使用できないこととなります。

したがって、しばらくは旧ウィジェットに戻しておき、今後のテーマの対応状況を確認しながら、新ウィジェットへ切り換えていくのがよいのだろうと思います。

このほか、ワードプレスversion5.8で導入された新機能は以下の記事で。

ワードプレスの始め方
~稼ぐためのしくみづくりまでを
徹底解説!!

好評セミナー”ワードプレス100分でブログサイトを制作”を書籍化しました

amazonでたった1コインで手に入れる