Web-Children > blog > ワードプレス > 初めてのワードプレス > 初めてのワードプレス ブログ記事を書き始める前にすべき設定

初めてのワードプレス ブログ記事を書き始める前にすべき設定

ダッシュボードにログインして最初にすることとして、メニューの中の設定があります。実は、特に設定なんかしなくても、メニューの投稿>新規追加から、ブログ記事を書いて公開することは可能なんですが・・・その前に、最低限の設定については知っておいた方がよいでしょう。そうでないと思わぬ設定になってしまっていて、時間を無駄にしてしまった、なんてこともありえちゃいますよ。

ここでは、そんな最低限の設定について、解説していきます。

 

ダッシュボードメニューの設定を見てみる

それでは、まず、ダッシュボードのメニューの中の『設定』のところをマウスオーバーしてみましょう。

そうすると、設定の中の子メニューが次のように現れます。

・一般
・投稿設定
・表示設定
・ディスカッション
・メディア
・パーマリンク設定
・プライバシー

これらについて順番に説明していきます。

 

また、有効化しているプラグインによっては、この設定の中に、プラグイン名が追加される場合があります。下記は、プラグインTinyMCE Advancedを有効化してある例です。

設定の項目説明

 

設定>一般 について

『一般』では、

・サイトのタイトル
・キャッチフレーズ
・サイトのURL
・メールアドレス
・日付等の表示フォーマット

などを設定することができます。

 

サイトのタイトルは、WordPressをインストールした時に設定したタイトルが入力されています。変更は可能ですから、サイトにとって重要な顔ですから、サイトのブランドを表す言葉を設定するようにしましょう。もちろん一旦設定すれば、めったなことで変更することのないようにしてください。

 

キャッチフレーズは、デフォルトでは『Just another WordPress site』と入っています。自由に変更可能です。テーマにもよりますが、サイトのタイトルと同時に表示されることが多いです。空白でも構いません。

 

URLは2つ設定があります。

1つ目のWordPressアドレスは、WordPressをインストールしたサーバーの中のディレクトリを表します。
2つ目のサイトアドレスは、このサイトが表示されるURLです。

通常、この2つのURLは同じものが表示されています。基本的には、デフォルトのまま触らないことをお勧めます。特に、1つ目のWordPressアドレスの方は、変更するとダッシュボードにログインできなくなったり事故の元です

 

ただし、サーバーの仕様によっては、ドメイン直下にインストールできず、ドメイン/wp のように、wpディレクトリにインストールされてしまうことで、URLが『http(s)://ドメイン/wp』 となってしまうものがあります。サイトアドレスはできるだけシンプルなものが望ましいので、この場合は、サイトアドレスの方は、/wpを削除したものを設定するとよいでしょう。

設定>一般 の説明(1)

日付のフォーマットは、お好みで設定すればよいかと思います。

 

その他の項目は、デフォルトの画像の通りのデフォルトのままでよいでしょう。もし日本以外でご使用の場合は、タイムゾーンを変更してください。

設定>一般 の説明(2)

設定を変更した場合は、一番したの『変更を保存』を必ずクリックして確定させましょう。

 

 

設定>投稿設定 について

ここでは、メールを使った投稿の設定ができたりするなどもできますが、通常使うことはないので、デフォルトのままの設定でよいと思います。

 

ただし、下記画像の赤枠の中のように、デフォルトでは表示されていなかった設定が、プラグインにClassic Editorをインストール・有効化することで表示されるようになります。

WordPressは2018年末にリリースされたversion5.0以降は、記事の編集に使うエディターはGutenbergと呼ばれているブロックエディターがデフォルトとなっています。しかし、それまでのデフォルトであったクラシックエディターの方が、ワープロ感覚で扱いやすいことから、プラグインとしてインストール・有効化して使用する方が多いようです。

クラシックエディターを有効化すると、この投稿設定の中で、ブロックエディターかクラシックエディターか、どちらかだけを使用許可する設定ができます。

記事を作成するときに、エディターをミックスして使用することは望ましいことではありません。特に、ブロックエディターで作成した記事をクラシックエディターで編集したりすると、想定どおりのレイアウト表示ができなくなったりしますので、事故防止のためにもエディターはどちらかだけを使用許可するようにしておきましょう。

 

設定>投稿設定 の説明

 

また、更新情報サービスとは、ここに登録したブログサービスへ、記事の更新情報が通知される、というサービスですが、デフォルトで入っているrpc-pingmatic.comだけで十分でしょう。ほかのブログサービスに通知したければ、WordPress codex日本語版 更新通知サービスで紹介されているところを追加登録してもよいかもしれません。

 

 

設定>表示設定 について

ここで重要な設定は、下記の赤枠で囲まれた3つの設定です。

ホームページの表示とは、サイトのトップページにどのページを使用するかの設定です。日本では、ホームページ=Webサイト という意味で用いられますが、海外ではホームページとはWebサイトのトップページのことを言います。

デフォルトでは、『最新の投稿』が設定されています。これは、ブログの最新記事一覧を示す、ブログトップページがサイト全体のトップページに指定されていることになります。サイトの目的が、アフィリエイトなどのブログサイトであればこのデフォルトのまま使用することもあるでしょう。

しかし、ブログサイト以外の通常のホームページのような構成にしたい場合は、別のページを固定ページで作成して、トップページとすることができます。

 

1ページに表示する最大投稿数では、ブログ一覧を示すブログトップページに、最新記事をいくつ表示するかを設定できます。通常は10記事というのが標準的なところかと思います。

投稿>表示設定 の説明

検索エンジンでの表示 は、重要です。ここにチェックが入ってしまうと、Googleのデータベースに登録されなくなってしまい、検索結果にサイトが出てくることがありません。したがって、せっかくホームページを公開運営していくのであれば、ここのチェックは外しておきましょう。

まだサイトが構築途中で、検索結果に表示させたくない場合のみ、ここにチェックを入れておくことがあります。

 

 

設定>ディスカッション について

ここでは、記事下に表示されるコメント欄と他のサイトからのピンバック・トラックバックについての設定ができます。

投稿のデフォルト設定の中のチェックを全て外しておくと、コメント欄の表示を消すことができ、ピンバック・トラックバックも受付しないようにできます。コメントやピンバック・トラックバックは、スパム攻撃の標的になりやすいことから、無効にしているサイトも多く見受けられます。

 

ここのチェックを外しても、記事の編集画面(投稿の編集)で、ページ個別にコメント欄を設けることは可能です。したがって、この設定>ディスカッションではチェックを外しておいて、どうしてもコメントを受け付けたい記事のページのみコメント欄を設ける、という運営方法がお勧めです。

設定>ディスカッション の説明

コメント欄を有効に使ってみたいけれど、いたずらコメントやスパムが心配、という方には、次の記事がお勧めです。

記事:ワードプレス ディスカッション設定を理解してコメント欄を活用しよう

 

 

設定>メディア について

ワードプレスでは、アップロードした画像のオリジナルのサイズの他に、大中小の3種の画像サイズが自動生成されるようになっています。この大中小のサイズを設定するのが、このメディア設定になります。

サイトを運営している途中でこのメディアの設定を変更しても、過去にアップロードした画像のサイズは変更できませんので注意しましょう。

 

また、大中小のサイズの画像が自動生成されるということは、その分データベースの容量を食うことになり、画像の多いサイトの場合は不都合になるかもしれません。そんな場合は、大中小の幅・高さともに0(ゼロ)を設定しましょう。そうすれば、オリジナルサイズ以外に画像生成されることはなくなります。

 

設定>メディア の説明

 

設定>パーマリンク設定 について

パーマリンクとは、投稿記事各ページのURLのことです。ワードプレスでは、パーマリンクとして

・基本
・日付と投稿名
・月と投稿名
・数字ベース
・投稿名

の5つの形式が準備されています。また、この5つ以外にも、カスタム構造として自分の好きなURL構造を設定することができます。

 

パーマリンクは、記事を投稿した段階で設定してしまい、後からは変更しないようにしましょう。途中変更してしまうと、それまでの外部からのリンクが切れてしまい、サイトとしての評価がリセットされてしまいSEO上望ましくないからです。

 

また、Googleでは、URLはシンプルで人間が見て理解しやすいものを推奨しています。したがって、基本で表示されるような?p=123のような人間が理解しにくいURLは望ましくありません。

そこで、よく推奨されているのが、投稿名 を使用することです。シンプルで、何の記事かもわかりやすい、ということですね。同じようにシンプルさという点で、数字ベースも人気があります。

 

他には、カスタム構造を使用して、/%category%/%postname%/ とすることで、記事のカテゴリーと投稿名をURLに含めることが、SEO上有利だと言われています。各記事の評価が上がっていくと、親であるカテゴリーページの評価も上がっていくという考え方です。

しかし、この場合は、カテゴリーを後から変更すると、投稿記事のURLも変更されてしまい望ましくありません。したがって、サイト構造の初期設計が十分検討され、カタゴリーを変更することがない、ということでもない限り、お勧めすることができません。逆に、サイトの設計が十分検討されたものであれば、強みの1つになるでしょう。どちらかというとブログ上級者向けの構造ですね。

 

ほかには、日付と投稿名 もありますが、日付を入れてしまうと、古くなったときに読まれにくくなるという点で、敬遠されることが多いようです。しかし私は、日付を入れることで自分自身が認識しやすくなるので、この構造を使っています。他のブログでもこの構造を使用したりしていますが、今のところ特に問題はありません。

設定>パーマリンク設定 の説明

 

 

設定>プライバシー について

最後に、プライバシーの設定です。ここでは、プライバシーポリシーのページを設定することができます。

ここで設定したプライバシーポリシーのページは、テーマによっては、フッターに自動的にリンクが表示されたりするものがあります。そうでないテーマは、通常の固定ページと同じく、自分でメニューを使ってナビゲーションリンクを設定することになります。

 

プライバシポリシーのページは、取得した個人情報の取り扱い方を説明するページですが、Google Aanalyticではプライバシポリシーを表示することが使用条件に記載されていたり、facebookのfb:app_idを取得するのに必要とされたりしますので、どんなホームページでも作成しておくのがよいでしょう。

設定>プライバシー の説明

 

 

 

まとめ

ワードプレスの設定メニューについて解説してきました。

ここで解説した内容を最低限知って設定しておけば、とりあえず大きなポカはないかと思います。

 

とはいえ、特にブログ記事を書き始める前に、

一般のサイトのタイトル

表示設定の検索エンジンでの表示

パーマリンクの設定

 

の3点は最低限設定しておきましょう。

 

もちろん、他の設定も最初の段階で設定する方がよいのですが、初めての方はまずはデフォルトのまま運営しながら、後から設定変更していくことも可能です。

関連記事